記事の詳細

Pocket

腰痛はほっといても治らないから厄介な病です。病院に行っても治るかどうか分からない病ですが、いざ病院に行く気になった時に「何科を受診するの?」とならないように事前に把握しておきましょう。下記の症状が出たら病院へゴー!です。

  • 常に痛い。
  • 足がしびれる
  • 発熱
  • 足の筋肉が強く使いにくい
  • しばらくしても、痛みがとれない
  • ひどい痛みが、発生する事がある

まずは整形外科

腰痛になった時には、まず何故、腰痛になってしまったのか原因を明確にする必要があります。腰の骨に以上があるのか、背骨に以上があるのか、まずは整形外科で診てもらうのがいいでしょう。

 

レントゲンも撮れますし、怪しければMRIも撮ることが出来ます。骨に関係する腰痛の原因であれば、以下がの原因があげられます。

椎間板ヘルニア
変形性腰椎症
脊椎すべり症
脊椎分離症

 

病名を聞くとショックかもしれませんが、ショックなのは病名も分からない腰痛の持ち主です。どれにも、当てはまらない場合は、筋肉痛と言うこともありますし、原因が全く分からないただの腰痛という診断をされることもあります。

 

腰痛の原因が分かった後に、腰痛がなくなったという事例があるように、原因を知る事は非常に大事なのです。

 

一生、原因不明の腰痛と向き合いながら生きていく可能性もあるのです。また、腰とは違う箇所で病が発症しているパターンもあります。整形外科から内科に行き下記の診断を受ける可能性があります。

内臓疾患
精神的疾患
婦人科疾患

 

疾患系の病は非常に重い病です。内臓の疾患が原因になっている場合は、まずは原因となる疾患の治療が先決となります。ただの腰痛と思っていたら疾患だったという話は、少なくはありません。

 

大きな病院であれば、整形外科→内科と回してくれるので、初めてで心配な人は、大学病院や私立病院などの大きな病院へ診察へ行くと良いでしょう。

 

できれば、MRIがある病院を選んだ方が良いでしょう。もし、レントゲンで骨に以上があれば、詳細を確認するためにMRI撮影を行います。その際、診察を受けた病院になければ、違う病院まで行って撮影する手間が発生してしまいます。

 

それでは、原因追及への第一歩を踏み出しましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る