記事の詳細

Pocket

こどもの幸福を願う日本の祝日、こどもの日。おじいちゃん、おばあちゃんにとっては孫にプレゼントをあげる大切なイベントでもあります。

 

「こどもにプレゼントなんてあげないで」なんて事を言うお父さん、お母さんもいるかもしれませんが、5歳、6歳でもらったプレゼントの思い出は何十年も忘れないものです。

 

また、核家族化が進む現代の日本では、孫へ会う事が出来る1つの口実でもあります。こどももプレゼントをもらえて嬉しいですし、おじいちゃん・おばあちゃんも孫に会えて嬉しいとなれば、こどもの日にプレゼントをあげる風習は皆がハッピーです。

 

それでは、こどもにあげるプレゼントを参考に見ていきましょう。

こどもの日のプレゼントー0歳

絆が深まれば、あやすと喜んでくれる0歳。寝返りをしたりハイハイ出来るようになったり、早い赤ちゃんは歩けるようになります。

 

よちよち歩きの赤ちゃんは可愛くて仕方がありません。そんな孫の”健やかな成長と立身出世を願う”以外はないでしょう。

 

やはり0歳でのプレゼントするものは、端午の節句の飾りもの代表”鯉のぼり””兜”がいいですよね。

 

とは言え、鯉のぼりを飾る事が出来ない家もあるでしょう。そんな時はこんな”鯉のぼり”はどうでしょう。家の中で飾れる木の”鯉のぼり”です。

<木の鯉のぼり>

そして、「たくましい男の子へと育つ」または、「事故や病気、災害などから守ってくれますように。」とい意味を込めて飾られるようになった兜も大事な飾りですよね

 

本格的な兜がカッコイイかもしれませんが、最近は可愛いらしい兜も人気です。

<兜と鯉のぼり>

こどもの日 プレゼントー1歳

1歳になれば、歩き回り、色々なものに興味が出始める年です。特に五感に刺激するものは脳の発育にも良いとされています。

 

どんなおもちゃが五感が鍛えられるのかと言いますと、単純にこどもが夢中に遊べるおもちゃです。パズルのように組み合わせたり音や色に興味を示したり、乗り物に乗るのことも覚えてきます。

 

まだ、自分で欲しいおもちゃを言う年ではないので、しっかりと子供の成長に寄与するおもちゃを選べると良いですね。

 

まず、紹介したいのは”型はめパズル”です。出来るようになるのは1歳半くらいかもしれませんが、こどもが夢中になるおもちゃの1つです。

 

1人で、型に入れれるようになると、入れたものを出すのはこどもには難しいので、何度も「出して」と言われる大人が忙しくなるおもちゃです。

<型はめパズル>

そして、リズムに乗る事も楽しくて仕方がありません。こどもが大好きなアンパンマンから音が出るおもちゃは、鬼に金棒です。

<ベビラボ アンパンマン>

ベビラボ アンパンマン おそらでコンサート

ベビラボ アンパンマン おそらでコンサート

2,000円(05/28 10:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

1歳になると、足の力もしっかりしてくるので三輪車や車の乗り物もこどもが喜ぶおもちゃです。特に、可愛い乗り物はママも喜びます。

<モーモーバイク>

こどもの日 プレゼントー2歳、3歳

大人の言う事が、かなり理解できる年です。自分で伝えたいことも表現出来るようになるため、もらって嬉しいおもちゃも自分で分かります。

 

そんな、2歳、3歳のこどもに喜ばれるのおもちゃは、”アンパンマン”のおもちゃです。アンパンマンは本当に強いです。

 

また、動くことが好きな年でもありますので、滑り台なんかもいいでしょう。お庭に置いたり、一戸建てであれば、リビングやこどもの部屋に置いて遊べます。
<アンパンマン滑り台>

アンパンマン うちのこ天才ブランコパークDX ボール付き

アンパンマン うちのこ天才ブランコパークDX ボール付き

17,086円(05/29 01:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

こどもの日 プレゼントー4歳

4歳にもなれば、何をやったら怒られる。どんな態度をしたらママに喜ばれる。という事まで自分で考えられる年です。おもちゃも自分で出して自分で片付けられる4歳児なので、欲しいおもちゃを聞けば「仮面ライダー」など答えが返ってきます。

 

とは言え、こどもが言ったのとは違うプレゼントをあげたからと言って怒るわけではありません。おもちゃであれは、純粋に喜んでくれるのが4歳の可愛いところです。

 

そんな4歳のプレゼントで人気のおもちゃは、レゴシリーズです。色や形を自分で選び、ものづくりに集中する事は脳にも良いとされています。

<レゴ>

レゴは子供が一度ハマってしまうと、次の誕生日、次のクリスマスと次々にお願いされるようになります。

日に日に、レゴのブロックが増えていく時期がありますが、お片付けする度にレゴがバラバラになってしまう事がほとんどです。

なので、バラバラになったレゴから新しい形を作るためのアイディアがあるとすごく子供も喜んでくれますよ。レゴが出版しているアイディアの本はとてもおススメです。

レゴ365のアイデア: アクティビティ ゲーム チャレンジ トリック

レゴ365のアイデア: アクティビティ ゲーム チャレンジ トリック

ヒューゴ,サイモン
3,960円(05/29 01:24時点)
発売日: 2017/11/13
Amazonの情報を掲載しています

こどもの日 プレゼントー5歳、6歳

5歳になると、自分の感情を抑制する事が出来ます。今までは泣いて感情を出していた子供も、グッと泣くのをこらえる強い男の子へと成長しています。

 

保育園や幼稚園で友達と交わす言葉も増え、テレビの話題やおもちゃの話題は毎日のように話しているでしょう。

 

そのため、イベントの数日前になると「誕生日には〇〇がいいな。」「サンタさんには〇〇をもらおう」なんて言っているこどもも多いでしょう。

 

ニンテンドー3DSやスイッチなどのゲーム機、レゴニンジャゴーのブロック、仮面ライダーのベルトなど欲しいものは数えきれないくらい頭に中のトレジャーボックスにあります。

 

ゲームに関連するプレゼントは確実に喜んでくれます。

 

しかし、同時に5歳ともなれば体も大きくなり好奇心旺盛にもなっています。そんなこどもには物をあげるのではなく、思い出を作ってあげてはいかがでしょうか。

 

例えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンです。乗り物も多く、子供に人気のミニオンパークは一度行けば忘れる事はないでしょう。

さすがにおじいちゃんと2人ではキツイのでは、おじいちゃん発案のもと家族で遊びに行くとよいではないでしょうか。

 

アミューズメントパークではなくても、最近では、市で運営している科学博物館なども機材が充実しており、こどもに良い刺激を与える事が出来る場所です。

 

さあ、こどもにプレゼントをあげるだけで心をつかもうとしていたおじいちゃん・おばあちあん。こどもの楽しかった思い出は、何年たっても何十年たっても忘れられる事はありません。

 

そして、お孫さんがおじいちゃんになった時に、自分がやってもらった事を孫に与えるときが来るでしょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る