記事の詳細

Pocket

こどもの日に飾る兜と鯉のぼりは準備できましたか?

自分が子供の時に買ってもらったお下がりを使う人もいるでしょう。一方で、こどもにはこどもの兜を。という事で新しく購入する方もいるでしょう。

 

そんな時。両家の祖父母から「孫の為に兜と鯉のぼりを買ってあげたい」と言ってくれる事も珍しくはありません。あなたは、どちらの祖父母に買ってもらう事にしますか?

こどもの日の兜の購入は誰?決まりはあるの?

地域によっては、男の子の初節句は母方の実家が購入するという地域もあったり、逆に父方の実家という地域もあります。

 

「そんな決まりがあんのかい?」という人がほとんどかと思いますが、確認程度に親御さんに聞いてみるとよいでしょう。

 

ママ・パパの生まれが違う地域で、確認した結果「なんか、バラバラな事を言っている」なんて事になってしまえば、特にママは気にする人が多いですからね。

 

「ねー何とか言ってよ。鯉のぼりは私の親が買うからいいよー。」なんて、ちょっとした言い合いになるかもしれません。

 

一般的には、男の子の節句は母方の実家が用意する事になっているようですが、これは核家族化が進む日本に置いては外して考えた方がいいかもしれません。

 

女性が男性の実家に嫁ぐことが当たり前になっていた昭和までとは違い、長男でも家を出て戸建てを買いママとこども達の4人暮らしという家庭も少なくはありません。

 

つまり、父方の実家も孫と会う為には、兜か五月人形、または鯉のぼりを購入し会いに行く必要があります。

 

父方の実家は兜、母方の実家は鯉のぼりと上手く分けて、お互い親が可愛い孫に会う機会を沢山作ってあげたいですね。

こどもの日の兜 お下がりでもいいの?

こどもの日の兜にお下がりを使用する家庭も少なくないでしょう。と言いますか、ほとんどの家庭でお下がりを使用しているのではないでしょうか。

立派な兜だと、数十万円ともう少し足せば中古車が買えるくらいの兜まであります。そんな立派な兜であれば、孫の孫の代まで飾って欲しいと思いますよね。

 

しかし、一方では兜を飾る意味を尊重し、新しく購入する家庭もあります。こどもを災いから守ってくれる兜は身代わりです。つまり、1人に1つという考えを持つ人もいるのです。

 

どちらかと言うと、新品を買いたがるのはママが多いのではないでしょうか。パパはどちらかというと「俺がこどもの時の兜を使えばいいよ」といった感じの人が多いでしょう。

 

ただ、お下がりでも新品でも飾る事に意味があるのが、こどもの日の5月飾りだと思いませんか?

兜や鯉のぼりを飾らないのはダメ?

現代の日本において、こどもの日に兜や鯉のぼりを飾る家庭は多くは見られません。

 

こどもの幸福を祈る端午の節句は、ただのゴールデンウィークの1日でしかないという方もたくさんいるのです。

 

それもそうです。昔のように、幼児期での死亡率が高かった環境とは違い、食べ物もあり、医療機関が充実している日本では子供が成長するのは当たり前になっています。

 

だからこそ、こどもの成長を願うという風土は無くなってきているのかもしれません。こどもの日の由来すら知らない、パパ・ママもたくさんいる事でしょう。

 

「こどもの幸福を願い、母に感謝する」

 

母への感謝は第2日曜日の母の日にするとして、こどもの幸福を願っている事を形に出来る。しかも男の子であれば、兜の贈り物はこどもながらに”カッコいい”飾りものとしてインプットされます。

 

あなたの幸せを願って兜を飾っている事を1度説明してあげれば、毎年5月になると「子供の日だね。今年も兜飾るの?」と質問されるようになります。

 

こどもにとっても、親が自分を大切に思ってくれている証でもあるのです。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る