記事の詳細

Pocket

こどもの日の兜と鯉のぼり。4月の後半に飾ったはいいものの、「片付けるのが面倒で飾りっぱなし」なんて事にならないように、計画的に片付ける日を決めておきましょう。

 

こどもの日が終わったのに兜が出したまま=ダラしがない、なんて思われたりもするかもしれません。

 

ただ、兜や鯉のぼりの飾りは出来れば飾るようにして下さい。こどもが生きていく環境が当たり前になってきた現代では、「飾らなくてもいいか。。。」というご家庭も多いでしょう。

 

恐らく、こどもの日に兜や鯉のぼりを飾る意味を知らないからだと思われます。

 

しかし、こどもの死亡率が高かった昔の日本では、こどもの成長を災いから守るための行事は大事だったという事を頭の隅に置いておきましょう。

まずはこどもの日の由来から

こどもの日は5月5日の国民の祝日です。こどもの日は休日であり、プレゼントまでもらえるイベントでとても楽しみな休日ですが、大人になってからも「子供達よ祝日をありがとう」と感じるお父さんもいるでしょう。

 

こどもの日は、もとは”端午の節句”というお祝いの日だった事は皆さんもご存じでしょう。節句とは奇数が重なる日で季節の変わり目に宴会が開かれていたもので、江戸時代に五節句として定めています。

五節句=1月7日(じんしつ)、3月3日(しょうし)、5月5日(たんご)、7月7日(たなばた)、9月9日(ちょうよう)1月1日は元旦なので、1月7日になっているようです。

 

この5つある節句のうち、5月5日の端午の節句に「こどもの幸福を祈り、母に感謝する」と趣旨のもとこどもの日として祝日に制定されています。

 

母へ感謝する日でもあるようですが、後日(5月第2日曜日)に母の日が控えているので、こどもの日はこどもだけを祝う日になっている家がほとんどでしょう。

 

こどもの日は、兜や鯉のぼりを飾り”こどもを祝う日”という事でここ日本の風習として長きに渡り受け継がれています。

こどもの日の飾りー兜と鯉のぼり

ひな祭りのひな人形(お雛様)には、災いから子供の身を守るための身代わりのおまもりのとして位置づけられています。

 

一方で男の子が飾る兜も同じような意味を持ち、病気や災難から子供を守ってくれるという意味を持ちます。

鯉のぼり

鯉のぼりには、男の子が将来出世できるようにと祈願する意味があります。また、鯉のぼりは男の子を授かった証でもあるのため、鯉のぼりを飾れば「あの家は男の子が生まれたのか」と近所さんにも知らせる事が出来ます。

こどもの日の飾り いつまで

そして、この兜と鯉のぼりは、4月の中旬から後半にかけてお父さんが汗を流し、休日にセッティングする家が多いでしょう。

 

この時はいいんですよね。来るゴールデンウィークに向けてテンションも上がりっぱなりの時です。兜のセッティング、鯉のぼりのセッティングも何のその。

 

しかし、5月5日はゴールデンウィーク終盤という事もあり、片付ける事が少し面倒になってきます。しかし、兜と鯉のぼりは端午の節句=こどもの日の飾り物です。

 

一般的には、こどもの日が終われば直ぐに片付けます。

 

せっかくの連休なのに、こどもの相手をしてお疲れお父さん、こどもの日が終わってもそのまま飾られてある。なんて事が無いように計画的に”片付け”を行いましょう。

 

ただ、地域によっては長く飾るとこもあるようなので、引っ越したばかりと言う方は近所さんに聞いてみるとよいでしょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る