記事の詳細

Pocket

50度のお湯に食材を入れると、ヒートショックを受け、細胞が活性化し食べ物本来のおいしさを取り戻すと言われている調理方法であります。

 

この50度洗いを行うと、100均で購入したただのバナナが、超甘い高級バナナへと変貌をとげたり、ただのキャベツがパリパリの歯ごたえのある美味しい野菜へと変貌します。

 

更に50度洗いを行えば、鮮度も長持ちするため保存にも良いとされています。

 

「じゃー全部の食材を50度洗いすればいいじゃん!」

 

と思ってしまうでしょう。しかし、準備等をはじめ、50度の温度を保つのも以外に大変なのです。だから、家でやろうとしても毎日出来る人と出来ない人がいるでしょう。

 

まず、なぜ50度洗いが良いとされるのか、下記の動画を見てみましょう。

 

この50度洗いをアサリの砂抜きにも適用しようという訳です。

 

アサリを50度のお湯につけると、必死に身を守ろうとします。すると水分を最大限吸収しようとし、身を殻から押し出してきます。同時に殻と殻をこするように洗えば、汚れや砂を一気に吐き出してくれます。

汚れがひどい時は、お湯を取替えてかき混ぜましょう。アサリの身は50度のお湯でヒートショックを受け、開いた細胞から水分を取り込みふっくらとします。

 

50度のお湯を調整しながら、10分くらい放置すると食べごたえ抜群です。

 

50度洗いをするのとしないのでは、「その差は歴然!」と言われるくらい、身のふっくら感が違ってくるのです。

 

通常では数時間かかる砂抜きから時短で砂抜きが出来るうえ、更に美味しく食べれるようになるとなれば、やってみる価値は大ありです。

 

50度洗いを行うにあたっては温度計が必ず必要になりますので、持っていない方は、100均等で購入しておきましょう。

 

50度洗いで重要なのは、50度を超えすぎても、低すぎてもダメだという点です。±3~4度で調整していく必要があるため、温度を測りながらお湯を足したり、水を入れたりする必要があります。

 

もし、温度を大幅に超えてしまうと煮えてしまうため注意が必要です。煮えてしまうとすぐに食べる必要が出てきます。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る