記事の詳細

Pocket

 

皆さんはカジノ合法化に賛成しますか?それとも反対しますか?2020年の東京オリンピックには間に合いそうもないですが、カジノ合法化に向け政治家の皆様が頑張っておりましたが、、2016年12月15日未明自民党を中心とする賛成多数で「通称、カジノ法案」が可決しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-0-24-43

しかし、ギャンブル依存症を懸念してか、反対派の人も少なくはありません。勿論国民の皆様からも反対の声は多数上がっております。だからこそ、長丁場で選挙が絡んでくるカジノ法案は10年以上も決まらないままでいたのです。

 

そもそも、ギャンブル大国の日本男児がギャンブルが増える事の何に恐れているのでしょう。。パチンコ産業は20兆円とも言われております。カジノ収益世界一のマカオ売り上げが5兆円です。

 

今回のカジノ法案成立により今後、日本の行政を中心としてカジノ事業を整備していく事は日本国民全体のカジノへの価値観が変わってくるものと思われます。合法的な遊びであれば、カジノ市場はより拡大する事が予想されます。

 

自宅のパソコンでオンラインカジノを楽しむ日本人が大勢いるのをご存知でしょうか。2013年には茨城県の主婦が、「1億円当たった!税金は?」というような記事が出ていました。そもそも、日本でカジノをしていいのか?という疑問が出てきますが、胴元(運営会社)が海外の会社で海外に拠点を置いているため、現在の日本の法律ではどうする事も出来ないというのが現状でした。

 

しかし、カジノ法案が成立した今、「海外に拠点」だとか「日本の法律では」というのは気にする事がなく日本のエンターテイメントとして自由に遊ぶ事が出来るようになるのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-0-28-35

そんな中、ギャンブル好きでもオンラインカジノの事を知らない人も沢山います。カジノ法案成立後にユーザーが増えているというデータが出ているようですが、これからも増加が見込まれます。そんな人たちにカジノの楽しさを伝える事が出来るのがゲーミングアフィリエイトです。ポーカーやバカラ、スロットなど多くのゲームを楽しさを伝えながら、収益を受け取る事ができます。

 

しかも、リピーターが多く1度だけ遊んで終わりというユーザーはほとんどいません。また遊びに来ます。だからそこそ、やりがいもあるのです。これまで以上に遊ぶプレイヤーも予想されるため、アフィリエイターにとってかなり有利な時代が到来したと言えるでしょう。

 

 

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る