記事の詳細

Pocket

報道型のチェンネルは事実を報道するチャンネルになります。スポーツ選手や芸能人のニュースに特化したチャンネルになります。

 

報道だからといって実際にあったニュースをそのまま引用するよりかは、自分で編集し自分のチャンネル固有の動画にした方がファンも増えていきます

 

自分がチャンネルを運営するテレビ局のプロデューサーになったつもりで視聴者が満足のいく動画を作成していきましょう。

スポーツ系の例↓

 

YouTubeでは、TVでは放映されないような事実を知ることができます。例えば、2ちゃんのコメントだったり、ツイッターの投稿だったりといった一般人の意見は普通にニュースを見ているだけではわかりません。

 

でもYouTubeではそう言った声も自然な流れで入れる事が出来ますし実際に再生回数も伸びています。「テレビや雑誌、新聞、SNS、ネットの情報は全て俺のチャンネルが把握しているから見に来い」いうことを意識して動画を投稿していれば次第に面白い動画が作れるようになります。

 

チャンネルはできるだけ属性を絞りましょう。なのでスポーツチャンネルでは広すぎます。例えば「サッカー大好きチャンネル」と競技を絞り組むくらあまでは最低ラインです。

 

このチャンネルを見に行けば何を知ることが出来るのか?というコンセプトをしっかりとしておきましょう。コンセプトをしっかりさせた方が視聴者がファンになりやすくなります。

 

例を見てみましょう。↓はチャンネル名は「スポーツチャンネル」です。2016年の9月時点で動画数は100本以上を超えてますがチャンネル登録数は1412です。動画の初アップロードは16年1月です。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-6-33-30

 

チャンネル名は「サッカーチャンネル」です。2016年の9月時点で動画数は100本以下ですがチャンネル登録数は3,000を超えています。動画の初アップロードは16年1月です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-29-6-32-26

 

2つのチャンネルとも同じような動画を投稿していますがチャンネル登録数の差は倍以上です。

 

最初にアップロードする動画はトレンドばかり狙わずに、長期的に再生回数が伸びる動画を作っていきます。「ロナウドの高校時代の彼女達」という動画を作成すればロナウドファン、いやサッカーファンい関わらず見たくなりますよね。

 

チェンネルが育っていけば、「ロナウド移籍」「バルセロナ 優勝」という簡単なトレンドの記事でもライバルや自分の動画の関連動画に表示されクリックされるようになります。

 

繰り返しになるかもしれませんが、下記を意識し動画をアップロードして下さい。
  • タグは関連動画に表示されるために投稿する動画は同じものを使用してください。
  • カードやアノテーションを使用しお勧め動画へ誘導してください。
  • 関連動画に表示させる対策として1動画に対し1つの再生リストを作成してください。再生リストにはライバル動画を10個程度。
  • 関連動画に表示させる対策として説明分にもライバル動画のURLを記載してください。

 

続いて、レビュー型のチャンネルを見てみましょう。
⇒レビュー型チャンネルはこちら

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る