記事の詳細

Pocket

旧聖書にも登場し、クリオパトラも愛用したと言われる”モリンガ”

 

研究が進み、多くの栄養素のが発見される事により、近年 日本でもスーパーフードとして話題になってきました。

 

しかし、便器改善や美容に効果期待できる一方で副作用によるデメリットも懸念されております。

 

このページでは、モリンガ摂取における副作用・デメリットについてお伝えしていきます

 

1.モリンガの効果

まず、モリンガの効果について再度確認しておきましょう。大きくは下記の項目があげられます。

・便秘改善
・美肌効果
・糖尿病・高血圧予防
・ダイエット効果
・免疫力アップ
・リラックス効果
・アレルギー改善

 

アミノ酸が豊富にふくまれているモリンガは、筋肉の増進や疲労回復にも効果があるとされております。また、食物繊維がモリンガ100gの30%(レタスの28倍)も含まれており腸の働きを整えてくれます。

 

そして、効果は人間のみならず、地球環境にとっても役立つとされており汚水を浄化する力があるとされています。

 

また、モリンガはワサビ科の植物であり、消臭・雑菌効果もあります。口臭だけでなく、口内にある虫歯の働きを抑えるのにも働いてくれます。

 

ミネラルが豊富に含まれるモリンガは女性としては嬉しいアンチエイジングに効果が期待されている健康食品です。

 

一方でデメリットが無いのか気になりますよね。それでは、モリンガの副作用について見てみましょう。

2.懸念される副作用は?

モリンガの副作用についてネガティブな情報として広がったのは、厚生労働省が発表した内容です。

 

Moringa oleifera(以下「モリンガ」という。)及びその加工品については、現在、国内において販売されているとの情報は得ておりませんが、
外国の事業者のホームページにおいて、日本語での販売宣伝例があります。極めて限られた情報として、モリンガの葉の抽出物を妊娠ラットに対し高用量を経口投与したところ流産がみられたとの文献報告がありました。

 

このため、モリンガ(加工品を含む。)の摂取に際しては、妊娠している方又は可能性のある方は十分にご注意して下さい。

 

なお、国内におけるモリンガの加工品の販売につき照会した事業者に対しては、仮に販売する場合には妊婦等への注意喚起表示をするよう指導しました。

以上

 

「高用量の経口投与してんじゃねーよ」と思いませんか?

普通に、女性が1回分を摂取する分量を比率で計算して小さいネズミに飲ませない事にはモデルケースとしてはあまりよくないですよね。

 

しかも、”モリンガの葉の抽出物”とはモリンガの根っこ部分の事を言っています。「根っこは食べないだけどな~」という方が殆どでしょう。

 

しかし、この情報が世に出回ってしまいモリンガ=流産という固定観念を人々にもたせる事になってしまってます。

 

厚生労働所も「念のため」という意味で発表しており、実際に人が流産をした例は報告されていません。

とは言え、過剰摂取は気をつけなければいけません。特にカプセルタイプや錠剤タイプは、ティータイプや粉末タイプに比べて飲みやすく過剰摂取になってしまうこともあります。

 

過剰摂取の方で口コミで多いのは「下痢が止まらなくなった」という報告です。そのほか、「肌が荒れた」「吐き気」も報告されています。

 

栄養素が豊富なモリンガは、摂り過ぎてしまうと食物繊維をはじめとする成分が腸内の動きを活発にし、腹痛や下痢を引き起こす可能性があるようです。

 

過剰摂取ではなく、コンプレーンとしての報告は、「便秘が改善されない」という人もいるようなので、個人差はあって当然ですが全員が全員効果を実感できるスーパーフードでは無いかもしれません。

 

ただ、「効果が出ない人もいる」と言い切るのも難しいです。もしかしたら、明日まで継続して摂取していれば効果が表れていたかもしれないのに、見切って摂取をやめてしまう方もいるからです。

3.モリンガを購入するときのポイント

モリンガといっても商品は色々ありますよね。ココからは商品を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。

商品をえらぶポイントとなるのが、価格もありますが、注目すべきは配合されている成分に注目すると良いでしょう。

 

特に大手企業が手掛けているモリンガ商品には体内環境を整えサポートしてくれる成分が含まれています乳酸菌やビフィズス菌、ポリフェノールなどです。

ポリフェノールは体内の老がを防ぐ効果があると言われています。体に良いモノが多く含まれている分、価格も割高になってくるわけです。

◆大人気

体内環境のサポート成分や乳酸菌が配合されたモリンガをお探しという方は、人気のプウェルをおススメします。

商品 サポート成分 有用成分 乳酸菌配合量
プウェル 乳酸菌、ポリフェノール、ローヤルゼリー、野菜エキス 緑茶エキス、下記エキス 6000億個

◆モリンガがあれば十分

配合成分なんていらない。モリンガ成分だけでも十分という方は国内生産で安心の商品(モリンガの小粒やしまのだいち)がおススメです。

 

モリンガ100%とうたっている商品は少し確認した方がよいかもしれません。基本的には、100%の配合のうち0.5%はタブレットの変質を防ぐために保存料を使います。

◆40代~50代に高い人気

また、40代~50代の女性から高い支持を得ているのが”青汁”です。特に人気の青汁が「臭さもなく美味しく飲める」青汁が人気です。その中でもモリンガの配合率が一番多い”煌めきモリンガ青汁”は購入者の92%の方から高い支持を得ています。

◆豊富な味の種類 プロテイン

そして、最後に忘れてはならない女性の味方プロテインですよね。理想のプロポーションを目指す女性の味方は大豆たんぱくを多く使用した低カロリー食品。

その中でも、バナナやミックスベリー、ココア味と毎日飲みたくなるような味を揃えています。約800キロカロリーといも言われる女性の1食分をわずか約70キロカロリーに抑えてくれます。

MORINGAPROTEINモリンガプロテイン

MORINGAPROTEINモリンガプロテイン

5,378円(06/07 12:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る