記事の詳細

Pocket

ーパーフードとして注目を集めているモリンガ。お店で買うとけっこうなお値段がしますよね。そこで「自宅で栽培できないかな?」と考える人も多いと思います。

 

しかし、北インド原産のモリンガが、四季のある日本で栽培出来るのか不安もあるでしょう。

 

答えは日本でも出来ます。しかしその為には注意しなければならないポイントもあるので、ここでそれらを説明していきます。

 

モリンガはどこで育つ

北インド原産のモリンガは亜熱帯から熱帯気候の地域で栽培されています。日本では沖縄や九州で栽培を試みる動きがあるようですが、認知度はまだまだ低いです。

 

温かい気候で育つ植物なので、四季のある日本、特に北の方など寒い地域では不向きとされています。

 

しかし、正しい対策をとれば日本でも栽培は出来るのでぜひチャレンジしてみましょう

 

日本で栽培するための3つのポイント

モリンガを日本で栽培する際、注意すべきポイントは3つあります。ここからは順に説明していきます。

 

①モリンガ栽培を始めるタイミング

まずは栽培を始めるタイミングです。暑さには強いけど寒さには弱いモリンガなので、特に注意が必要な発芽のタイミングは暖かい季節に合わせるのが良いでしょう。

 

5月〜9月が栽培を始めるベストタイミングと言えます。

 

②水やり

モリンガは生命力が強く乾燥に強いです。逆に水のやりすぎで根腐れする危険があるので水やりの目安は一日一回。土の表面がカラカラになってからで大丈夫です。

 

日本の家庭菜園と同じように水やりをすると、モリンガには多すぎるので気を付けてください。海外の植物ですが、土は日本のもので問題ありません。根腐れ防止のため、水はけの良い土を選びましょう。

 

③最大の難所は越冬

寒さに弱いモリンガにとって難所となるのが越冬です。気温が5°前後になると栽培は難しくなるので、日本で栽培するなら寒さ対策は必須です。

 

農業用のプチビニールハウスを使えば寒さ対策にとても効果的です。また、種から育てる場合は、発芽させるまでは20°以上は必要になるので、室内で育てましょう。

 

まとめ

栽培のタイミング・水やり・越冬対策の3つに気をつければ、日本でも自宅でスーパーフード・モリンガを育てることは可能です。

 

健康のため、そして節約のためにぜひ、上記の3つに気をつけて、日本産のモリンガ栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

>>種から育てる方法をもう少し詳しく

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る