記事の詳細

Pocket

検索エンジンで上位に表示させるためのSEO(検索エンジン最適化)について紹介いたします。

 

検索エンジンってすごいですよね。僕が中学生時代に検索エンジンと出会っていたら「女子 モテる 方法」と間違いなく検索していました。

 

現在、日本の検索エンジンでシェアを占めているのはグーグルとヤフーの2つです。


当初、この2つは違うアルゴリズムで運用していましたが
ヤフーの検索結果がスパムサイトばかりになってしまい多くのユーザーがグーグルへと移動してしまいました。


その為、2010年からヤフーがグーグルのアルゴリズム(処理方法)
を利用するようになり同じ検索結果が出るようになっています。


ヤフーが日本のインターネット業界で脚光を浴びた頃
悪質なSEOが、はびこっており裏技を使うとどんなワードでも上位を取ることが可能でした。裏技と言っても、複数のサイトから大量にリンクを送るという手法のものが多く存在しました。

 

リンクの数=上質なサイトと処理されていたのです。


少量のテキストと広告だけのページが検索され
欲しい情報がなかなか抽出出来ない状態になっていました。それから、グーグルのアルゴリズムを導入することにより裏技SEOは一切通用しなくなりました。


検索エンジンの最適化は永遠の課題でもあり、日々
アップデートが必要となっております。

グーグル アルゴリズム

2010年に行われたパンダアップデートをご存知でしょうか。このアップデートにより、リンクを購入して上位表示させているブログやサイト。記事をコピペして作成しているような悪質なブログやサイトは全て圏外に飛ばされてしまいました。


その為、1日で数百万円稼いでいたサイトを飛ばされた
アフィリエイターの方が大勢いたのです。


また、コピペじゃなきゃOKということではありませんでした。
リライトされた文章までも、スパム判定を受けたのです。リライトは文章は文字を置き換えるだけでは、ダメなのです。元の文章に対し更に肉付けし、読者にイメージしやすくさせることが重要です。


とにかく、このアップデートにより、これまで調子が良かった
SEO業者の多くも衰退し、廃業に追い込まれていきました。同時に、SEO業者にお金を支払いリンクを購入していた人も衰退していきました。

質の低いサイトは上位表示されなくなったのです。

ペンギンアップデート

続いて、グーグルが仕掛けてきたのが2012年と2013年に実施されたペンギンアップデートなるものです。

 

このアップデートにより相互リンクが公式に禁止されました。無料ブログで「相互リンクお願いします」と依頼し、リンクを貼ってもらう方法が禁止されたのです。そんな見せかけだけのリンクより、SNSで拡散されるような質の高いコンテンツを求められるようになりました。

 

更にこのアップデートでも、故意に順位を高めようとしたサイトは大きく順位を落としてしまいました。

 

過度なSEOはスパムSEOと判断されペナルティフィルターにかかります。またしても、一夜にして大きな収入源を失ったアフィリエイターが世界中に大勢いたのです。

 

アップデートにより相互リンクサービスやリンク業者から被リンクを集めたりキーワードを詰め込みアクセスアップを狙うような方法は一切通用しなくなりました。

効果的なSEO

検索エンジンに高評価を受ける効果的なSEOがあります。それは、見に来てくれたユーザーに有益な情報を伝える事です。それは、グーグルの使命でもあります。世界中に飛び交うありとあらゆる情報の中から有益な情報を抽出しユーザーに届ける必要があります。

 

だからこそ、我々も上質なサイトを作り上げる必要があるのです。そのためには時間を要します。「手っ取り早く稼ぎたい!」という人もたくさんいるでしょう。しかし、コピペは100%スパム判定を受け結果としてアクセスを呼び込まないので無駄な作業になります。

 

時間を要する作業の中でも、一番の近道を探し実践していくことが大事なのです。

SEOの順位決め

では、上質なサイトの順位はどうやって決めているのでしょう。

 

サイトの順位はグーグルでも他でもなくユーザーです。上質なサイトは、滞在時間も長いですし、見られるページ数(PV)も多いです。「他の人に見せたい!」と思われれば、SNSで広がります。

 

それは、どういったサイトかというと、やはり専門性の高いサイトが多いです。あるジャンルに特化し有益なコンテンツを多数持つサイトはSNSで広がりたくさんの人に読まれます。

何より、人に見られたいサイトはキーワード選定から見出しや写真の配置まで読みやすさを意識していることが伝わります。

 

今現在も、中古ドメインなどを使用し上位表示を受けているサイトはもちろん存在します。しかし、それもいつまで続くか分かりません。もしかしたら、今後もアップデートに引っかからないかもしれませんがスパム判定の仲間入りする可能性も十分にあります。

結局何をすればいいの?

017それでは、SEO対策で何をすればいいのか?
説明いたします。
基本的すぎて、「それだけかよ?」なんて
思われてしまう
かもしれませんが、意外と
出来ていないものです。

僕も「あっそういえば、SEOは?」と確認し
直すことは多々あります。

分かりやすく、読みたくなる記事のタイトル

基本的に、「誰がこの記事を読むことでどんなメリットがあるのか?」という点が見える化出来ていれば十分です。

 

例えば、、、

 

ダイエットを諦めた僕が1週間で痩せてしまった食事
どうですか。ちょっと知りたいと思いましたか?タイトルに数字を入れることで、よりイメージができ読みたいと思わせるタイトルになります。

キーワード

検索されやすいようにキーワードをタイトルにいれましょう。
その中でも、検索ボリュームが高く競合性の低いキーワードを
選ぶことをお勧めします。

 

そのようなキーワートを見つけるには、グーグルキーワードプランナー
を使用します。
スクリーンショット 2016-08-19 6.48.02

タイトルに使用したいキーワードを入力し候補を取得します。

 

スクリーンショット 2016-08-19 6.48.41

 「ダイエット 食事」というキーワードは検索ボリュームが7万/月と割と高い検索ボリュームですが、競合性は低いという事が分かります。
スクリーンショット 2016-08-19 6.51.23

 

というように、キーワードプランナーは非常に有効なツールです。なるべく、狙い目のキーワードを使用し効率よくアクセスを集められるようにしましょう。

 

また、アクセス解析をブログに設置し

「どのようなキーワードで検索されているか」確認しましょう。あまり力を入れずに書いた記事でも、蓋を開けてみると1番PVが多かったりする事も少なくはありません。

 

検索ボリュームがわかる事で、ページの文字数を増やし記事自体の質をさらに高くし、訪問者の滞在時間を延ばす事もできるのです。

 

SNSボタン

スクリーンショット 2016-08-19 10.19.12

ユーザーに「いいね!」を押してもらうためにもSNSボタンの設置は忘れないようにしましょう。SNSからの多くのユーザーが見に来てくれ事で比例して被リンクも増えていきます。

 

自然な被リンクを獲得する事により検索ページで上位表示され、さらにSNSで広がるというサイクル生まれます。

事務品質の確保

誤字脱字のようなミスも、リンク切れや広告切れのようなミスは品質不具合です。僕も誤字脱字が多いのでちょくちょく修正を入れてますが、訪問者が離れていく原因の1つです。信頼度が落ちてしまいます。

1文字の誤字で100人の訪問者が離れていく!

ちょっと大袈裟かもしれませんが、それくらいの気持ちで記事作成に取り掛かりましょう。

読みやすいブログ

見やすいサイトデザインは、訪問者の直帰率を下げてくれるので有料のサイトデザイン購入することをおすすめします。当サイトは、TDCのダイナミックというデザインを使用しています。また、画像をうまく使用したり、記事を箇条書きにしたりより見やすくなる工夫を常に行いましょう。
広告を入れすぎないのも一つの見せ方です。

スマホ対応

スマホやタブレットに対応したデザインにしておく必要があります。下記でスマホ対応になっているか確認することができます。

→モバイルフレンドリーテストはこちら

問題なければ下記のように表示されます。

スクリーンショット 2016-08-19 8.01.40

スマホ対応になっていないサイトは見にくいどころか検索順位も落としてしまうで改善が必要です。

アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンクはできるだけ最小限にしましょう。PV数が多いページのみに貼ったり、PV数が多いページから成約ページに誘導するなどの方法で、広告数を抑えましょう。全くお金につながっていない広告は全て削除するくらいでいいと思います。

ユーチューブからのアクセス

サイトのコンテンツが増えてきたらユーチューブからのアクセスも検討してみましょう。動画の最後や説明文に、サイトURLを記載する事でアクセスを増やす事ができます。動画の内容とサイトの記事内容は同じ内容でも問題ありません。訪問者は状況により文字だけで情報を得たり動画から情報得たり選ぶ事が可能になります。

 

ざっと、SEO対策について書いてみましたが読んだだけでは、腹落ちできないと思うので自分でサイトを作成しながら、少しずつ知識をつけていきましょう。

⇒ネットで稼ぐ方法はこちら

 

 

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る