記事の詳細

Pocket

このページでは、旦那さんがタイ出張に行くけど「浮気をしていないかな?」または「浮気をするか心配!」という奥様のために、

タイがどんな街なのかを紹介するとともに「自分の旦那さんがタイで遊んでいるのか?」をチェックするポイントをお伝えします。

旦那の出張!タイは日本人男性誘惑の街


https://www.theflyingdandy.com/wp-content/uploads/2017/01/baccara-gogo-bar-bangkok_12.jpg

ご存じ、タイのバンコクやタニヤといった街は日本人男性に大変人気の場所です。ゴーゴーバーと称される飲み屋に入り、女の子と仲良くなり連れ出し料を支払えば、自分のホテルにお持ち帰りする事が出来ます。

 

 

日本のキャバクラのように、横の席に座ってお酒を飲むだけではありません。気に入った女の子がいれば最後まで楽しむ事が可能なのです。

 

料金によって、ショートとロングがあり長時間一緒に過ごしたいのであれば、ロング料金を支払えば翌朝まで楽しむ事が出来ます。お店によって料金は異なりますが、日本円で1万円~2万円が相場です。

 

ただ、お店によっては”連れ出し不可”の女性もいるため、狙いを定め、お酒をご馳走したのに「まじかよっ!」とがっかりしてしまう男性もいるでしょう。

 

そもそも、お酒なんか飲まなくても、「直ぐに気持ちよくなりたい!」という男性の方には、日本でソープランドと称される場所があります。

 

「お風呂」と呼ばれますが、こちらは日本円で5000円程度~遊べる事が出来るため、「カップル気分なんか必要ないから、とりあえず気持ちよくなりたい」という男性方に御用達のスポットです。

 

日本では数万円するソープランドに比べてはるかに安い価格です。少ないお小遣いで日本では行けない男性も、タイでは気軽に遊ぶことが出来るのです。

 

いやー、どうですか?旦那さんのタイ出張。

 

「絶対、あいつ遊んでいるよ~」とお考えの奥様も多いでしょう。ただ、全員が遊んでいるわけではありません。もしかしたら、遊んでいる男性の方が少ないかもしれません。

旦那が出張。タイので楽しみ方は色々

タイ出張の目的は、あくまでも”仕事”です。しかも、タイの仕事の始業が日本より早い会社がほとんどです。基本的に、ホテルはバンコクの街中、会社は車で1時間くらいとい方が多いのではないでしょうか。

 

そのため、5時起床⇒5時半に朝食⇒6時頃出発という時間割になるでしょう。そして帰りは、夜ご飯を食べてホテルに到着するのが夜の9時くらいになります。

 

遊びに行きたい方は、そこから夜の街に繰り出します。体力のある若い男性か、精力MAXの男性しか行動出来ないかもしれません。

 

その為、毎晩の楽しみが、60分のタイ式マッサージという男性も多いです。日本の60分マーサージに「りらく」がありますが、2,980円しますよね。

でも、タイでは250バーツが基本です。日本円で700円程度です。安いですよね。日本よりも少し強めのタイマッサージで、最初は「痛いっ!」と言ってしまうかもしれませんが、癖になります。

 

また、弱くして欲しければ「ジェップ!(タイ語で痛いという意味)」と言えば優しくしてくれます。そして、お酒も入り気持ちよくなった体は眠りに落ちてしまうでしょう。

 

以上のように、お金を払って性欲を満たす人もいれば、一方で体を癒しを求める人もいるのが現状です。自分の旦那さんがどちらのタイプでしょうか。

旦那の出張!タイ語を勉強しだしたら黄色信号。

「旦那さんがタイで遊んでいるのでは?」とお考えの奥様に、チェックポイントをお教えします。

 

それは、タイ語のレベルです。

 

ここからは、完全に当ページ ライターのイメージではありますが、

・タイ語がペラペラの旦那さんは、遊び慣れています。

・そして、タイ出張前にタイ語を猛勉強している旦那さんは、タイで遊ぼうとしているでしょう。

 

これから、何故ならばを説明しますが

タイという国は、観光客が多い国ではありますが日本と同じ、母国語しか喋れない人がほとんどです。そのため、英語が通じない人が多いです。

 

アメリカ人が日本に遊びに来た時に、質問しても日本人の語学能力が乏しく”ポッカ~ン状態”という事はよく目にするでしょう。

タイでも同じように、「○○へ行きたい!」と英語で話しても、「ン~」と首を横に振られてしまいます。それは、会社でも同じです。そのため、会社には日本人通訳が在籍しています。

 

英語で話すより、日本語で話しタイ語に訳してもらう方がタイ人にとっては有難いのです。

 

しかし、夜のお店には通訳はいません。英語を話せる女性もいますが、上手に話せる女性は限られており、更にタイ訛りと言う事もあって非常に聞き取りにくいです。

 

また、「日本語が話せます」とアピールする女性もいますが、「何飲むー?」「分からな~い」など、少し単語を知っているだけという女性ばかりです。オーナークラスになるとペラペラです。

 

その為、コミュニケーションを上手に取るには、タイ語が必要になってきます。タイ語なくして、女性を楽しませる事が出来ないのです。

 

「日本人男性はお金を払えばいいと思っている!」

 

こんな不満をもっているタイ人女性が多いのはご存じでしょうか。やはり、女性として楽しませて欲しいという思いもあるのです。タイ人女性としても、タイ語が話せて安心できる日本人が好きなのです。

 

なので、日本では不細工でモテない男性も、タイ語で女性が喜ぶ言葉ばかりをチョイスして会話すればモテモテです。タイ語が話せれば、タイ人女性と仲良くなれのです。

 

タイ語を話せる日本人の方に、どうすれば話せるようになるのか質問すれば「タイ語を覚えたいなら、お姉ちゃんのお店に通え」と言う人も多いでしょう。

 

仕事の為にタイ語を覚える人がいる一方で、タイ人女性と仲良くなりたいためにタイ語を勉強する人も多いのです。

 

さあ、一度 旦那さんのタイ語について確認してみましょう。

・話せるのか?

・何故話せるのか?

・勉強しているのか?

・何故勉強しているのか?

 

面白い答えが返ってくるかもしれませんね。

質問を楽しむのであれば、ウソ発見器なんかを使用してみると面白さが倍増するかもしれません。

以上、旦那さんのタイ出張がご心配の奥様の為の記事でした。

どうですか?タイに行きたくなりましたか?タイ出張に行く旦那にジェラシーを感じませんか?豊かな国タイはとても良い国です。何より食べ物が美味しいです。

 

是非、夫婦で遊びに行くことをおススメします。

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る