記事の詳細

Pocket

潮干狩りの道具と服装は、上を見ればどんだけでも極めれそうな気がしますが、お金もあまりかけないで楽しめるレジャーなので、道具と服装でお金をかけるのは本末転倒という方もいらっしゃるでしょう。

 

このページでは、潮干狩りで「必ず必要となる道具」「あると便利な道具」について紹介します。

潮干狩りに必要な道具

熊手

潮干狩りと言えば熊手です。3本爪ものもあれば、4本爪の熊手もあります。中には、取っ手が長い熊手もありますが危険なのでほとんどの海では使用禁止となっています。

 

子供用はプラスチック製のものを使わせましょう。

入れ物

潮干狩りの場所によっては、専用の網が配布されますが、ほとんどの場所は自分で持っていく必要があります。網やバケツがあれば十分ですが、なければスーパーの袋でも大丈夫です。

クーラーBOXと保冷剤

気温が高い日は必須です。寒い日でも、クーラーBOXをお持ちの方は持ってい行きましょう。クーラーに保冷剤を入れておけば、生きたままアサリを持ち帰る事が出来ます。

 

汚れが気になる方は新聞紙を忘れずに持っていいきましょう。アサリとクーラーBOXが直接当たらないようにケアしましょう。

ペッドボトル

家に帰って、砂抜きをする際に使用するには現地の海水を使います。「別に食塩水でいいよ」という方は必須ではないかもしれませんが、お金を出して買う道具でもないでの持っていきましょう。

 

潮干狩りに行く際にペットボトルに真水を入れておけば、現地で汚れ落としに使ったりと色々と使えます。

 

以上が潮干狩りに行くうえで必ず必要な道具になります。続いてあると便利な道具について紹介します。

潮干狩りにあると便利な道具

イス

ちょっとした折り畳みのイスとあると便利です。疲れた時に休めるので腰痛持ちには嬉しいアイテムです。

 

ただ、潮干狩りは基本的にアサリの居場所を求めて探し回るため、ワカサギ釣りのように一か所で採る事は決してありません。

 

なので、イスを持って歩き回るのはさすがに面倒なので、特定の場所に置いて、座りたくなったらイスの場所に戻る。という事になります。

 

なので、、、

 

最近では、座れるバケツが人気です。バケツであれば採った貝を入れたり、熊手などの道具を入れて持ち運べるため一石二鳥です。

 

 

ゴム手袋

水温によってはあると嬉しいアイテムです。潮干狩りは常に水に触れながら行うので、水温が低いと手が痛くなってきます。

 

気温が高ければ軍手で問題ないですが、気温が低い時は水に濡れないゴム手袋が活躍します。

日焼け止め

顔と首筋には塗っておきたいです。

新聞紙

アサリを持ち帰る際にも、活躍する新聞紙。その他、汚れものをくるんだりと便利なアイテムです。

ソリ

冬に活躍するソリですが子供連れにあると便利なソリは、こどもが付かれてもソリに座らせたまま移動できるので便利なアイテムです。ただ、愛知県の矢梨潮干狩り場のような砂利浜で使用するのは厳しいです。

知っておきたい漁業権

潮干狩りを行える場所には漁業権が設定されています。

 

この漁業権は、採取の許可エリアや使用できる道具について定められている法律です。漁業で生計を立てている地元の漁師さんのために設定された法律です。

 

例えば、ブルドーザーを使用しいっきに土を掘り起こして、アサリを持ってい行く人がいたらビックリしますよね。

 

近年、この法律を破りアサリを採取する人が増えており問題となっています。また、禁止エリアに侵入し怪我をしたり、満ち潮に足を取られ死んでしまう事故も起きているので絶対に守りましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る