記事の詳細

Pocket

このページでは、料理の中でも簡単な焼きそばを失敗しないで作る方法を紹介いたします。焼きそば作りで失敗する理由No.1と言えば、やはり「水の量」ではないでしょうか。

 

水の量を間違えると、麺がグチャグチャになってしまい、美味しい焼きそばもただの生ゴミになってしまいます。でも、焼きそばって「水」を入れなくても美味しく簡単に時間をかけずに作れる事が出来るんです。

 

なので、このページを見れば、今まで子供のお昼ゴハンに焼きそばを作って「ママのと違う」と言われていたパパも美味しい焼きそばを作る方法を解説していきます。

 

どれだけ簡単なのか、さくっと解説してみましょう。フライパンを温めた後からのステップです。

①まず肉入れます。

②肉の上に、キャベツやもやしなどの野菜を入れます。

③その上に麺を入れます。

④焼きそば粉を入れます。

⑤フライパンの蓋を閉じます。

①〜⑤まで、わずか1分足らずです。これでパパの仕事は終わり。5分ほど待って、麺をほぐして「いただきまーす」となります。どうですか?水なんて入れなくても美味しいく焼きそばを作れるんですよ。本当にすごいです。では実際に作っていく課程を画像を交えながら解説します。
このフライパンの可能性は無限大>>

 

それでは、まず、料理を入れる前にフライパンをよーく温めましょう。我が家のフライパンはアルミ製なのでよ〜く温めないと焦げてしまいます。最近は、コーティングされたフライパンが主流のようですが、このアルミ製のフライパンは最高です。最高な理由は一度、焼きそばを作って見ればわかると思います。

 

ガスでもIHでも使えるこのフライパンですが、温まると下記画像のように水がフライパンの上を丸まって踊るように動き回ります。

 

そして、油を少々入れます。これから具材をいれていきますが、今回入れるおはこちらの材料です。焼きそば3玉、豚肉、もやし、キャベツ。

 

では、早速豚肉を投入していきます。できるだけ、綺麗に並べるように入れるとまんべんなく豚肉も焼けます。

 

今回は特に気にせず、男の料理として”雑”に入れてみました。「焦げるだろ?」と思ってしまうかもしれませんが油を入れていれば大丈夫です。

 

豚肉が入れ終わると、続いてその上に野菜を入れます。ドバーと入れます。野菜の水分がポイントなんですよね。このフライパンは無水鍋とも言われており素材が持つ水分を利用して美味しい料理を作ってくれます。

 

野菜を入れ終わったら、続いて焼きそばを3玉投入します。そのままでいいです。混ぜるのはまだ早いです。焼きそばの上に粉もかけちゃいます。

 

全て入れ終わったら、蓋を閉じちゃいます。ここから、おおよそ5分くらい待ちます。このフライパンのOKサインは、蓋が気持ちよく回るか回らないかです。

 

最初は回そうとしても硬くて回りませんが、時間が経ち、フライパンの中で野菜の水分が蒸発し出すとクルクル気持ちよく回ります。回す時に少し水分が弾けるので目印にすると良いでしょう。一応、下記の画像はクルクル回っている時の写真です。

 

蓋を開けるとこんな感じです。初めて見る人は「大丈夫かこれ?」と思わず言ってしまいますが大丈夫です。麺をほぐして、粉が全体に行き渡るようによーく混ぜます。

 

豚肉はこんな感じで焼けています。

 

雑に入れたので、変な形で焼けちゃいましたね。フライパンの底は、こんな感じです。「ほら、焦げていないでしょ。」

 

混ぜたら、完成です。食器に入れて「はい召し上がれ!」


このフライパンの最安値はココ>>

 

そもそも、なぜ、こんな奇跡的な料理方法で完成するのか不思議じゃないですか。おそらくこの方法で焼きそばを作っているのは、一部のこのフライパンを愛用する人のみでしょう。

 

実はこの鍋、マルチ商法で評判があまり世間の評判が良くないアムウェイのフライパンです。「こんな良い商品があるんだから、普通に広告打って販売すればいいのに!」と素人的には思いますが。。。

 

ただ、アムウェイの商品でも会員にならなくても購入はできます。実際、私の嫁は会員ではありませんが、この鍋セットを購入しました。

15、6万したと記憶してますが、アムウェイの場合、売り上げを維持したい人が欲しくもないに自分で購入して、売却するパターンが多いのです。1つの問題となっていますが、アムウェイの商品を手に入れたい人にとっては好都合ですよね。

 

圧力なべやお味噌汁を作るのに最適なサイズものまで20種類くらいありますが、90%は下記の二つのなべを使用して料理してます。下記のお鍋は、焼き餃子を作る時は最高です。

すごくナイスな焦げ目がつきます。その割にくっつかないのです。アルミ製って、くっついてひっくり返せない!だからと言ってコーティングのフライパンにすると焦げが物足りない!ってことにもなります。

 

でもこのフライパンなら大丈夫、ちゃんとヒックリ返せて、焦げもしっかり来ます。しかも、金たわしで何度もゴシゴシ洗っても大丈夫なので汚れも気になりません。本当にすごいんです。

 

ただ、値段が他の鍋と比べ高いので、「鍋にそんなにお金出せねーよ」という人も、オークションとかでも、たくさん出ているので最安値を探してみてください。

 

本当、料理が変わります。
アマゾンの最安値はここ>>

 

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る