記事の詳細

Pocket

一生に一度の注文住宅と言う方がほとんどでしょう。高いお買い物だからこそ絶対に失敗したくないですよね。

 

このページでは、注文住宅と建てたけど、「ここはこうしておけば良かった~!」と後悔している点、「これにしておいて良かった!」という点を2軒の注文住宅に住んだ当ベージのライターが紹介します。

大手か中小か?どちらで建てる。

注文住宅を建てる時に必ず悩むのが、何処のハウスメーカーに依頼するかではないでしょうか。トヨタホーム、ダイワハウス、海外ではスウェーデンハウスと大手もたくさんあります。

 

「家を建てるならここのハウスメーカーがいい!」というように特に決まっていないのであれば、大手で建てるのか中小で建てるのかメリット・デメリットを踏まえしっかりと判断して欲しいです。

◆大手ハウスメーカーに頼むメリット・デメリット

大手ハウスメーカーに頼むメリットは、ずばり信頼性です。経営的にも安定しており、家を注文すれば必ず立ててくれます。頭金を支払ったけど倒産したという事はないでしょう。また、保証や定期点検についても心配はいらないでしょう。

 

トヨタホームのように60年の長期保証をつけているメーカーもあります。修繕すべき箇所はすぐに直してくれます。

 

逆にデメリットは、まず、価格レベルでしょう。中小ハウスメーカーと比べ1段も2段も高い価格設定です。

 

しかも、大量受注をしているため、アレンジがきかない場合が多いです。もし、「ここをこうしたい」という要望をと通すとなると1000万円単位での価格変動が必要となる事もあります。

 

また、ハウスメーカーによっては、価格レベルの安いお客様を雑に扱いメーカーもあるようです。とある大手ハウスメーカーに注文した方は外構工事に次々と不備が見つかり、工事を5回やり直し奥さんの気がめいっちゃっているというご家庭もあります。

 

また、最近は大手ハウスメーカーの建売りも増えていますが、「この間取りでこの価格レベル?」と驚く事も多々あります。その高さと引き換えにしても「安心と信頼」の価値の方が高いのでしょうか。。。

◆中小のハウスメーカーで建てるメリット・デメリット

中小で建てるメリットは、大手には実現できない”価格競争力”でしょう。「ここの壁は丸くしたい!」「吹き抜けにしたい!」というような要望も低価格で聞いてくれます。


http://www.kouki-house.jp/example/seko001/index.html

 

つまり、1人1人の要望を聞き入れ、「こんな家に住みたかった!」を大手ハウスメーカーの価格では絶対に実現出来ない価格レベルで手に入れる事が出います。

 

地域密着のハウスメーカーが多いでしょうか。その為、広告費にもあまりお金をかけていません。チラシを配るぐらいです。

 

そして、中小ハウスメーカーのデメリットです。1つは、家が最後まで建つのか不安という点です。やはり、資金面では大手に比べ劣る所があるでしょう。

 

そのため、自転車操業で経営しているハウスメーカーも多々存在するのです。しかし、その事実は客側には分かりません。

 

その為、頭金を支払ったけど倒産、基礎工事の途中で倒産、一番最悪なのは50%建てて倒産、そしてハウスメーカー夜逃げという事もあり得るのです。

 

そして、2つ目は保証や定期点検のデメリットです。

メーカー倒産のお知らせは、既に建てた方にとっても悲しいお知らせです。毎年の定期点検に来なくなるわけですから。木造住宅であれば、暫くすると必ず出てくるのが壁クロスの割れです。

 

暑い時期・寒い時期と膨張と収縮を繰り返し太さが変わってくるため、壁の継ぎ目の部分は必ず割れ目が出てきます。必ずと言われても割れてるなんて嫌ですよね。

 

定期点検があれば無料で補修をしてくれるのですが、無ければ自分で補修する必要が出てきます。

 

ただ、大手ハウスメーカーも倒産する可能性は”ゼロ”ではないので、最終的には自分が住みたい家を希望価格で建ててくれるハウスメーカーを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

注文住宅の失敗事例

それでは、注文住宅における失敗事例をお伝えします。次に家を建てる時は、「もうちょっときちんと考えれば良かった。。」という箇所です。

◆電気の場所

特にトイレの電気スイッチについては、2度は悩んだ方が良さそうです。外にスイッチを設置するのか・トイレの中に設置するのか。

 

トイレの中に設置すれば、外から見た時は壁に何もないのでスマートですが、扉を開けながら電気をつける事が出来ず、電気の消し忘れは、一度扉を開ける必要があります。

 

当初は電気のオン・オフの動作については、あまり考える事はないかもしれませんが以外に手間です。

◆階段下収納の扉


http://www.with-e-home.com/lineup/kulala/kulala_06.html

階段した収納を設置して、扉を設置できる場所が2つ以上ある人(例えば、通路側に壁、リビング側に壁)は、今一度検討してみて下さい。

 

将来的に、どうしても扉前にソファーが置きたくなってしまう事があるかもしれません。「この扉が無ければな~。失敗したな~。」という事にならないように、今一度検討をお願いします。

◆キッチンの段差

フラットは掃除が大変。ただそれだけで、フラットにするのはやめキッチンテーブルは一段高い位置に制作しようとしている方は、今一度検討してください。

 

「フラットにした方が、椅子の高さも丁度いいし、子供もママの前で宿題出来るし、大きなお皿もたくさん並べる事が出来る。」

 

それでも、フラットを諦めますか?リフォームしようとしましが、30万以上の費用が掛かるため断念しました。

注文住宅の成功事例

続いて、「やってて良かった!」という成功事例についてお伝えします。

◆家を1周出来る家事同線


http://refopedia.jp/housework-flow-line

ママの家事が少しでも楽に出来るように家事同線はしっかりと押さえておきましょう。やはり、食事、ランドリー、洗面室、トイレ、リビング、ダイニングがスルーで回れる家は、移動時間を短縮出来る最高の同線です。

 

また、子供達の鬼ごっこも非常に楽しそうです。1周出来なければ、楽しそうに子供達が走り回ってる姿もみれなかっただろうな。とつくづく感じます。

 

◆やっぱり吹き抜けは最高

家の間取りや平米数にもよりますが、吹き抜けを設置できるのであれば、是非お勧めします。エアコンが効く・効かないなど気にしていましたが、シーリングファンをつけておけば全く問題なしです。

 

解放感が何とも言えません。住みやすさを倍増させてくれます。

◆玄関横のウォークイン収納

http://tagle.jp/house/tyt00000580003

 

玄関のスペースは、確保出来ていますか?靴収納(4人暮らしなら40足)、洋服をかけるハンガー、傘立て等。

 

玄関横のウォークインは、これまで、ウォークイン無しで生活して来た人にとっては最高の収納スペースになるでしょう。

 

このスペースは、どこのご家庭も必ず「いる?いらない?」で議論になるスペースだと思ますが、「いる」前提で話を進める事をおススメします。

 

以上、注文住宅における失敗事例と成功事例について紹介致しました。是非是非、参考にして頂ければと思います。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る