記事の詳細

Pocket

このページでは、見るからに腰を伸ばすのに気持ちが良いストレッチポールの腰痛時の使用方法について説明します。

 

ずばり、ストレッチポールの腰痛時の使用法は、”乗らない”につきます。多少の筋肉痛など、原因がはっきりしている場合は除きますが、ぎっくり腰や、「やばい、なんか歩くと辛い!」といような腰痛は新たな痛みを発生させる可能性があります。

 

ストレッチポールは、健康な体の緊張を解したり、腰痛を発生させないための体づくりとして使用する道具です。腰痛が発生した際の痛みを和らげるために使用する道具ではありません。

 

なので、「腰が痛い」⇒「ストレッチングポールで伸ばそう」という発想はやめましょう。「腰が痛い」⇒じっとして痛みを取る、もしくは我慢出来なければブロック注射が良いでしょう。

 

近年の腰痛治療において、ブロック治療は最先端の治療となっております。ペイントクリニック療法とも呼ばれますが、東京の病院では下記の先生方が有名です。

  • NTT東日本病院:大瀬戸先生
  • 高山整形外科医院:伊藤先生

 

いずれにしろ、痛みが軽減されてからストレッチングポールで体をほぐすストレッチを行いましょう。

 

ストレッチングポールは体を乗せるだけでもバランス感覚を整えると同時に、リラクゼーションれたた状態になります。

 

また、筋肉に刺激を与えながら、股関節や骨盤のゆがみなど、本来の状態に戻すというのがストレッチポールで腰痛改善を行う目的であります。

 

1分だけのストレッチでも効果があるので是非、チャレンジしてみてください。目安はまずは2週間です。2週間継続してやってみて何も効果を感じない。という事はまずないでしょう。

では、まずは基本姿勢から勉強しましょう。

続いて上半身の緊張をほぐす胸開き運動↓です。

続いて、足の内側の緊張をほぐす膝開き運動です↓。

続いて股関節を緩め、正しい位置にもどしていきます。↓

 

長めにストレッチポールに乗りながらストレッチをやりたい方はこちら↓

ストレッチを継続すると、筋肉の可動域が広くなり、骨盤や股関節の可動域も広くなります。つまり本来の体の動きを取り戻す事が出来るのです。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る