記事の詳細

Pocket

初心者がアフィリエイトで稼ぐ

ブログを始めた頃って
「あ〜何を書けばいいだよ〜」とか
「書く事ねー」って思った事ありませんか?

初心者でも一生、書くネタに困らないツールが販売されていますので紹介します。
さらに、リライトのスキルも磨くことができるツールです。
スクリーンショット 2016-08-17 22.45.46

特定商取引に基づく表記
 
本商品はアドモールの公認コンテンツです。
販売社名 株式会社アドシステム
運営責任者 久米 妥
所在地 〒2760014 千葉県八千代市米本1359番地
電話番号 050-3011-2893 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
顧客対応担当者 富川優太
サポートメールアドレス support@affiliatesystem.link
 

人の悩みを解決する

この商材の稼ぎ方は、ざっくり言うとヤフー知恵袋のパクリです。自分で、悩みを解決するQ&Aサイトを作成し集客します。記事は、今回提供されるツールを使用し投稿し、キャッシュポイントは、クリック型報酬と成約型を組み合わせ積み上げます。

ヤフー知恵袋でこのような質問見た事ありませんか。
<質問>
中学一年生の女子です。ワキガで悩んでいます。
手術した方がいいでしょうか。真剣に悩んでます。

このような質問に対し、

 

<回答例>
手術はまだ早いと思います。
もう少し様子を見たらどうでしょう。中学1年生ですし
何より手術は体に与えるダメージは大きいですよ。
この塗り薬は試しましたか? 使用した90%の人が
効果ありと答えています。
→ここに”商品リンク”
→記事の最後に”アドセンスリンク”
のような記事を書いていきサイトを構築します。

人には言えない悩みが解決出来れば素晴らしいサイトが出来るというわけです。

では早速、ツールを見ていきましょう。

ツールを起動させ、質問検索に質問を記入します。

表示件数は100件50件30件20件10件と選べ、記事は古い順に出てきます。
スクリーンショット 2016-08-17 23.05.45
質問がいくつも出てくるので一つ選択します。
スクリーンショット 2016-08-17 23.06.20
改行し視聴者に見やすくする必要がありますが、ここで、出てきた質問に対し回答していく訳です。自分で調べて記事を書いて回答を作成する方法がベストですが、回答例はヤフー知恵袋を見に行けば載っていますので、参考し活用することもできます。
ここで、重要なのは質問も回答もリライトする事ですが、方法も例も丁寧にノウハウで解説されています。僕なりのリライトで心がけている事を参考にお伝えします。

 

元の記事よりも「2倍分かりやすく伝える。」です。シンプルですよね。これを頭に入れておく事でリライトが出来ると同時に自然に文字数も増え、一石二鳥ですよ。是非、参考にしてみて下さい。

話は戻りますが、ネタに困って何のコンテンツを作っていいのか分からない初心者の方にとっては非常に嬉しいツールだと思います。
記事を書いたからといってすぐに成果が出るわけではありませんが、毎日記事を更新していくことで資産が構築されていきます。

人がモノを買うとき。。

人がモノを買うときの優先順位をご存知でしょうか?

1位:生き延びるための商品
2位:コンプレックス
3位:欲

と言われております。死ぬほどお腹が痛いときに、1粒飲んだら絶対に治る薬が売っていたら絶対に買いますよね?
今回の、ASSでもこれらの悩みをターゲットに
していくため、とても理にかなっていると思います。ASSでは2位、3位のユーザーを狙い紹介します。
基本的に、答えは既にウェブ上に溢れてますからね。

ユーチューブで検索してみてください。

「パストアップする方法」
「ハゲる原因」
誰かが既に投稿しています。

コンプレックの解消は人の永遠のテーマかもしれません。常に人と隣り合わせです。


このコンプレックスの悩みに特化したサイトを
作ることで、他とは違う専門性の高いサイトを運営することができます。

グーグル先生の評価

専門的なサイトはグーグルからも好評価を受けるとされてます。ネバーまとめなどのキュレーションサイトが上位表示されるように、特定のジャンルを拾いサイトを構築すれば、上位表示もされ集客もできます。
最初でも申しましたが、トレンドブログとは違い、常に同じ悩みを持つ人間は存在しますので、一生ネタに困ることはございません。

記事のネタにお困りの方、
これまで、トレンドブログで挫折された方、そして、何より下記の目標を達成できそうな方当商材をご検討してみては如何でしょうか?
目標記事、サイト数は、500文字/1記事 を100記事このサイトを10サイト作成!この数字を多いと感じるか少ないと感じるかですが後者の方は、絶対にやるべきです。
 

◆本商材は販売者のサポート付きとサポート無しがあります。

⇒サポーツ付きはこちら

⇒サポート無しはこちら
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る