記事の詳細

Pocket

 

健康に良く、美容にも良い。そして抗菌作用まであるモリンガは、奇跡の木と言われ、注目が集まるスーパーフードです。そんな栄養豊富なモリンガから作られたモリンガ茶。聞いただけで健康に聞きそうなのが分かると思いますが、せっかくなら効果をより引き出すような正しい飲み方を知りたいと思いませんか?

 

ここで正しい飲み方を知ることで、モリンガの持つ健康・美容の効果を最大限に引き出してあげましょう。

 

モリンガ茶とは

北インド原産のモリンガは、大きいものだと10mを超える高さになります。葉や種、根から幹に至るまで栄養がぎっしり詰まっていることから、「奇跡の木」と呼ばれている注目のスーパーフードです。

 

そんなモリンガの葉などを使ったお茶がモリンガ茶です。葉を乾燥させたり焙煎させたり、商品によって製造方法が違うので多少は味に違いがありますが、基本的にモリンガ茶は味にクセがなく、植物独特の臭さもほとんどないので、誰でも飲みやすくなっています。

 

正しい飲み方

モリンガ茶は薬ではないので、一日の摂取量を守れば、細かい所は気にする必要がありません。意識して欲しい点はお湯で飲むことです。

 

その理由は、冷たい水で飲むと、内臓を冷やし血液の循環が悪くなることで、代謝が下がり内臓脂肪が付きやすくなるからです。これはモリンガ茶だけではないですが、基本的に冷たい飲み物はダイエットの敵と言ってイイでしょう。

 

モリンガ茶の製品は粉末タイプ・ティーパックの2種類があります。

 

粉末タイプ

1日の摂取量は3gが適量です。スプーンすりきり2杯が目安になります。粉末タイプはモリンガ製品の中で最も栄養価が高いと言われています。その分、苦みをダイレクトに感じる製品でもあるので、苦いのが苦手な人は、料理に混ぜて食べると食べやすくなります。

 

ティーパック

ティーパックの場合はお茶として飲む以外に方法はありませんが、もちろん苦みを抑えて飲みやすくなっています。カロリーオフでカフェインレスなので夜遅い時間に飲んでも問題ありません。お湯にティーパックを入れて抽出しますが、ティーパックを入れたまま沸騰させないようにしてください。。

 

まとめ

どんな食材でも、より健康に良い調理方法や、逆に栄養を壊してしまう調理方法があります。モリンガには他の食材には負けない豊富な栄養があるのだから、せっかくなら全部取りたいと思うのはけっしてわがままな事ではありません。

 

粉末タイプでも、ティーパックでも、温かいお湯で飲むことを忘れずに、その栄養をしっかりと体に取り込んでください。

 

>>要チェック!モリンガ茶の副作用

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る