記事の詳細

Pocket

このページでは、楽天・アマゾンのASPについて説明します。

2つのASPを使うメリット

この2つのASPはショッピングモール型、または百貨店型と言われており、まさに紹介出来る商品数が膨大にあります。

 

必ずと言っていいほど、今HOTな話題の商品を取り扱っているのです。そのため、トレンドキーワードと絡めて商品を紹介することで収益が発生しやすくなります。

 

また、A8.,netなどの場合、商品を紹介するのにも審査が必要な場合があります。サイトに広告を載せてもメリットなしと判断されれば審査に通らず、得意な分野の商品を紹介出来ないということも可能性としてあります。

 

なので、楽天・アマゾンの商品を紹介するとともに良質なサイトを作っておきましょう。

 

⇨楽天アフィリエイトはこちら

⇨アマゾンアソシエイトの登録はこちら

楽天とアマゾンの違いは?

楽天とアマゾンのASPの違いを説明します。
大きくは下記の3点です。

1.クッキー=有効期間・・・楽天が有利

物販アフィリエイトに問わず、アフィリエイトでは自分のサイトのリンクをクリックしたユーザーが当日 商品を購入しなくても、後日制約することでサイト作成者に報酬が発生するという仕組みがあります。

 

 

 

「楽天の方がクッキーが長い!」とネットで書かれているのを見たことがあると思います。楽天の場合、最初に訪問してから30日以内であれば報酬が発生するのに対し、アマゾンはたったの24時間です。

 

2.報酬=紹介料率・・・アマゾンが有利
もともと、A8.netやアフィリエイトBなどのASPと比べて報酬が低い楽天とアマゾンですが、2つを比べた場合報酬はアマゾンの方が高いです。

 

楽天の紹介料率は一律1%(キャンペーンなどを除けば)に対しアマゾンは0.5%〜10%です。但し、基本的に1点毎の報酬は1,000円までなので商品の金額によっては楽天の方が高くなります。

 

3.現金への換金について・・・アマゾンが有利
楽天は月に3,000円以下の報酬の場合はポイントとして還元されます。つまり、お金として使えません。3,000円以上稼いだ人も楽天銀行口座を介しての換金となります。

 

別途、10%の手数料もかかってしまいます。手数料もかからず、直に銀行口座に換金したい人は下記の条件を達成して下さい。①10万円以上/月の報酬が3ヶ月継続できている→売上で行くと1,000万円以上

 

②楽天アフィリエイトの審査に通ること一方でアマゾンは、
5,000円の収益が確定していれば、指定の銀行口座
に入金できます。手数料は一律 300円です。

では、どちらを使うべきなのか?

報酬が発生しやすい楽天を選ぶか、楽天より紹介料率が高く換金方法もスムーズなアマアゾンを選ぶかですが、最終的に決めるのは、サイトを見に来てくれた人です。

 

自分にとって、どちらが得ではなく、見に来てくれた人がどっちが得がで考えるようにしましょう。どちらにも同じ商品があり最安値を紹介できるのであれば

 

⇨楽天の最安値はこちら

⇨アマゾンの最安値はこちら

 

と誘導し、選んでもらうことも出来ます。

 

確かに収益だけを考えれば、アマゾンが断然オススメです。100万円の売上で、報酬1万円楽天に対し、アマゾンは10万円(MAX)です。

 

ただ、常にお客様目線で考えてあげることによりサイト毎、ページ毎にどの商品リンクを貼り付けるべきかはブログを構築していク中で、お客様の反応を見ながら決めていきましょう。

 

では、無料ブログでアフィリエイトする方法について説明します。

 

⇨それでは無料ブログを開設しましょう。

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る