記事の詳細

Pocket

このページでは、IKEAの椅子を買ったけど、「あれ?椅子が動かしずらい・・・。」「このキャスター壊れてんじゃん。」と感じている人のために、解決方法を紹介致します。

IKEAの椅子はキャスター回らないから掃除が大変。

自分用の椅子を買ったはいいものの「もー、掃除しにくい!」と嫁の文句が聞こえてくるようになりました。

 

机の下へ掃除機をかけようとすると椅子が動かないから掃除がしにくいと言うのです。確かに、椅子を動かそうとしてもキャスターが回りません。

 

しかし、壊れてるのか、組み立て方法が適当で組み合わせが悪いせいなのかよく分からないため、返品はせずに使用していました。

 

キャスターはIKEA製品固有のものなので、カインズホームなどのホームセンターにいっても売っていません。

 

カインズホームに販売しているキャスターで「いけそうかも。」といサイズのものもありますが止めときましょう。無駄な努力で終わってしまいます。

 

しかも、IKEAではキャスターのみの販売はしていないので、キャスターのみを買いたくてIKEAに行くのはやめましょう。売ってないですから。

 

ただ、壊れているからどうしても交換したいという方は、IKEAに椅子をもっていけば交換してくれます。返品コーナーで「キャスターが壊れているから交換してください」と言えば交換してくれます。

 

ただ、交換したとしても、またキャスターが回らなくて困ってしまいます。

IKEAの椅子は座らないと回らない。

ご存じでしたか?IKEAの椅子のキャスターは座らないと回らない設計になっています。

 

安全を考慮し、椅子が動かないようにしているのです。この事を認識したうえで椅子に座ると、「おっ!マジだ。すげー動く」となってしまいます。

 

確かに、掃除機をかける時は誰も座ってない椅子を嫁が必死に動かそうとしていました。”動くはずの椅子が動かない”だから余計に腹が立っていたのでしょう。

 

IKEAのキャスターが回らない理由について、嫁に教えてあげると、「そういうもんなんだ。」と認識し掃除機をかけるときにイラ立つ事は無くなりました。

 

IKEAの椅子を購入して「キャスターが回らない」とコンプレーンを出したい方も、安全を考慮した設計である事を理解しておけば気にする事はなくなるでしょう。

 

キャスターが嫌であれば、人気のポエングがおすすめです。ポエングは快適さとスタイルというコンセプトを追求し続け、40年前から愛され続けているアームチェア&ロッキングチェアです
POANG-ポエングはこちら>>

Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る